テニス肘の治療法│上腕骨外側上顆炎の対処法

最新の免疫治療

がんの治療は慎重に選ぶ必要がある

がんという病気は体の様々な場所に転移することがあるため治療もしっかりと行なわなくてはいけないものになっています。また、がんの治療には抗がん剤といったものを投薬することが多いのですが、抗がん剤には体に負担のかかる副作用が出てしまうため行なう患者を選ばなくてはいけません。そうなってくると治療の範囲も狭まり、治療が難しくなるのです。しかし最近のがんの治療ではNK療法という免疫治療が出たおかげで多くのがんと戦う患者を救っています。このNK療法のNKというのはナチュラルキラーの略で、体に存在するナチュラルキラー細胞から命名されています。ナチュラルキラー細胞の役割としては、体に侵入してきたウィルスや病原体などを退治する役目を持っています。

NK療法のメリットと治療が行える人達

NK療法ではこのナチュラルキラー細胞を用いて体で増殖するがん細胞を減らしたり、進行を遅らせたりというものを目的として行われている療法になっています。今までの抗がん剤治療では副作用の問題がありましたが、このNK療法はその副作用が存在しないので基本的にはどんな患者でも行なうことが可能になっています。そのため、副作用に耐えきれる程の体力を持ち合わせていない老人や子供にもこのNK療法が施すことができるのです。がんは進行が早いことが一般的ですが、早期に治療を行なうことができるこのNK療法はがん治療の期待の星といえるほど重要な治療になっています。ただ、治療法を選ぶのはがんと戦う患者になるため、しっかりと医師と相談をして自分の体に合う治療やがんに効果のある処置を選択することが重要といえます。

このエントリーをはてなブックマークに追加