テニス肘の治療法│上腕骨外側上顆炎の対処法

2人の女性

最新の免疫治療

がん治療にはいくつかの治療法がありますが、抗がん剤などを用いた治療では大きな副作用が出てしまいます。しかしNK療法と呼ばれる免疫治療では副作用がでない最新治療として学会でも注目を集めています。

病院

効率よく検査する

免疫沈降を行なううえで必要な機材や素材はしっかりと選ぶ必要があります。それは免疫沈降の結果に大きく影響し、摂取できるサンプルの量にも関係してくるのです。検査をしっかりと行なうならきちんとこだわりましょう。

ナース

糖尿病のリスク軽減

糖尿病にかかると様々な薬を使った治療を行います。またその薬が手放せなくなることもあるので、そうならないためにもしっかりと自分の体をケアしてしていくことが重要になってくるのです。

テニス肘の対策

肘

テニスをする中高年になりやすい病気

テニス肘という症状はその名の通り、テニスを行なっている方になりやすい症状です。テニス肘は上腕骨外側上顆炎という病名がついており主に腕に痛みを感じる病気になります。この病気は若い年代では発症せず、中年などの年を取った時に起こりやすい病気と言われており、専門外来でこの病気の診断チェックを行なうことができます。チェックの内容としては3つのテストを行ないその3つのテスト中に腕に痛みが生じるかで判断します。

上腕骨外側上顆炎の検査で行なうテスト

腕に症状が出る上腕骨外側上顆炎の検査では、肘を伸ばしたままの状況で手首を曲げ伸ばしするテストを行います。肘が伸び切った状態で手首を曲げることにより、上腕の筋肉が動くためその時に痛みが出るかでテスト肘である上腕骨外側上顆炎の確認が可能なのです。またこのテストだけでは確証にまでは至らないため他にも、肘を伸ばした状態で椅子を持ち上げるチェアーテストというものを行なうことがあります。このテストも手首のテスト同様に上腕の状態を診るために行います。

治療法とそうならないための予防策

この病気の治療としては保存療法が行なわれており、基本的には腕を使ったスポーツを控えるようにして腕自体の回復を図ります。また湿布などの外服薬を用いて筋肉の炎症を直していき、痛みに応じて麻酔やステロイドを用いることがあります。こうした治療でも治らない場合や痛みの改善がない場合には外科的手術を行なうケースがあるでしょう。こうした病気にならないためにもスポーツを行なう時にはストレッチやアイシング、定期的にマッサージを行なうことが重要になってくるのでその点はしっかりと行ないましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加